看護師への第一歩を始める前に

看護師になるためには大学や専門学校に通って、定められたカリキュラムをすべて完了する必要があります。このカリキュラムはどこの学校に通ったとしても同じです。そのため、通うのは学校でもよいと考えるかもしれませんが、就職サポートにばらつきがあるのが問題といえます。理想の職場を探すためには、多くの求人情報の中から選ぶのが1番なので、就職サポートがしっかりとしていないところはおすすめできません。

就職サポートがきちんとしている学校かどうかは、説明会や体験入学を利用すれば簡単に聞くことができます。中には、卒業生の就職先を公表しているケースもあるため、入学する前にしっかりと情報を収集しておきましょう。なお、各学校で公表している就職率というのは、就職できればどこでも加算されるので、高いからといってサポートが充実しているとは限りません。

学校の就職サポートを利用して、実際に働き始めてから、求人情報に記載されていた待遇との違いに不満を持ってしまうこともあります。しかし、その場合は看護師を専門としている転職サポートサービスを活用すれば解決ができるでしょう。そのようなサービスならば、給料はもちろんのこと勤務時間や休日などの自分の希望をしっかりと伝えた上で、転職先を探してもらえるからです。看護師の人材不足はさまざまな医療現場で起きているので、資格さえ取得してしまえば自分の希望する条件の職場を見つけるのは難しくありません。

休日の少なさに嘆く看護師の解決策

休日が少ないという悩みは看護師がしばしば抱くものです。週休2日が確保されていない現場が多いのが現状であり、ある程度の休みはあっても緊急時には出勤できるように待機が求められる場合もあります。仕事をする日ばかりになっていると、プライベートを充実させられないのが悩みになりがちです。

その解決手段には転職が最も効果的でしょう。看護師が転職するときに求人の内容として年間休日数を確認することはよくあります。ほとんどの求人では年間休日数を記載しているので、120日程度あるような充実した休みを取れる職場を選んで転職すればプライベートに割ける日が多くなるでしょう。常勤で病院勤務をしてきた看護師の場合には、常勤で働く限りは難しいのではないかと考えてしまうかもしれません。確かに病院では年間休日数が少ない現場が多くなっています。しかし、人材確保のためにできる限り休日を多くできるように取り計らってくれている求人もあるので探してみるのが大切です。

常勤でも職場によってかなりの日数が認められていますが、働き方にこだわりがないのならパートや派遣を選ぶのも良い方法と言えます。基本的にはシフト制なので休日の自由度が高くなり、ただ日数を増やすだけでなく特定の日を休みにすることも可能になるのが魅力です。休みが欲しい看護師にとって職場からの待遇がどのようになっているかは深刻な問題なので、現状に不満なら看護師専門のエージェントを使って仕事探しするのが賢明でしょう。休日日数や待遇など自分の希望に沿った職場に転職し、理想的に休日を過ごせる看護師になりましょう。