一人暮らしの看護師の休日は家事をする日

看護師は平日の間は仕事が忙しく、定められた勤務のリズムに合わせるために必死になりがちです。就職してまだ1人暮らしをしているうちは身体もあまりスケジュールに慣れず、平日に仕事以外のことをするのが億劫になることがよくあります。本当は洗濯や掃除、料理などの家事も毎日したいと思いつつ、なかなか時間が取れずに溜め込んでしまうことも多いのが実情です。そして、休日になると家事をまとめて行ってさっぱりさせるというリズムで生活するのが典型的になっています。

平日は仕事の日として位置付け、休日はプライベートの日として家事や趣味などに勤しむという形でうまくメリハリを付けているのが特徴です。一人暮らしのうちはこのような形で生活していても自分が満足なら誰も文句は言わないので問題ありません。しかし、結婚生活を始める段階になると休日に全ての家事を溜め込むのははばかられてしまいます。そこで毎日最低限の家事をできるように、仕事の都合を付けている人も多いでしょう。

結婚してからも、ある程度は家事を貯めておいて休日にこなす人も多いですが、むしろ家族が全員揃う日だからこそ家族サービスをする日として楽しむようになる傾向があります。お出かけや共通の趣味を楽しんだり、一緒に家でゆっくりと過ごしたりするようになるのがよくあるパターンとなっています。1人暮らしの状況から家族での暮らしになることで、看護師の休日の使い方は大きく変化します。